オンブズマン委員会

onbsman

利用者の意思の尊重、安心の拠り所を徹底

年長者の里では、福岡県下初の試みとして平成11年4月より、福祉オンブズマン制度を開始しました。
この「年長者の里福祉オンブズマン委員会」とは、年長者の里の各種サービスを利用されているご利用者やそのご家族をはじめ、ボランティアや実習・研修で施設においでになる皆さんからのご要望やご意見・苦情などをお聞きして、改善を提言する第三者機関です。
年長者の里の各種サービスに対してのご意見・ご要望等は、各施設に設置している『ご意見箱』にご投函いただくか、または、定期的に実施する「オンブズマン委員による巡回相談」時に直接ご相談頂くほか、オンブズマン委員への直接郵送による相談の窓口も開いております。

年長者の里オンブズマン委員会

ombudsman_img_4ombudsman_img_6
◎委員長 舟谷 文男
産業医科大学名誉教授・北九州市立大学大学院特任教授

○副委員長 河嶋 静代
北九州市立大学文学部 人間関係学科教授

●委員
福田 玄祥 弁護士 北九州人権擁護委員協議会顧問
北山 清種 元八幡東区社会福祉協議会会長
宮地 久男 八幡東区自治総連合会役員
吉田ひとみ 小倉北区民生委員・児童委員

年長者の里福祉オンブズマンについてのお問い合わせ
事務局/年長者の里本部 TEL:093-652-3939

オンブズマン委員の構成

福祉オンブズマン委員の構成は、
①地域医療の専門家・・・疾病をお持ちの方が多いため
②弁護士・・・人権擁護・成年後見人制度などの法律相談が必要となるため
③福祉の専門家(大学教授)・・・福祉サービスの相談に応じるため
④地域の代表(元・民生委員)・・・生活相談に応じるため
の合計7名(男性4名、女性3名)で構成しています。
ombudsman_img

Corylight (c) 2014 年長者の里 All Right Reserved.